トップ > 音楽学課程:卒業論文のテーマ

卒業論文のテーマ

2016年度

1. 再犯防止のための音楽療法
2. ディズニーランドの研究-エリア構成とBGMを中心に-
3. ディズニーランドの音楽・音響技術
4. 人工知能と音楽
5. 寝たきりのパーキンソン病患者に対する音楽療法の効果
6. YAMAHAとBachのトランペットの音色の違いについて
7. PTSD患者への音楽療法の活用について
8. クラリネットのリードの研究
9. カホンの研究
10. 現代日本社会における「J-POP」
11. 音楽家を襲う奇病「ジストニア」-発病の原因・ジストニアとの向き合い方-
12. 音楽科におけるICTの活用について
13. 「アイドル戦国時代」を賑わせた女性アイドルの比較-「モーニング娘」「AKB48」「ももいろクローバーZ」の任期獲得理由を中心に-
14. 環境の中における色彩と音-理想の高齢者施設を創造する-
15. 久石譲とスタジオジブリ-『風の谷のアヌシカ』と『もののけ姫』を中心に-
16. リトミックの考え方を逝かした中学校音楽科授業の展開について
17. 二次元アイドルについて-ラブライブ!の魅力-
18. 発達障害とは診断されていないが日々の生活に生きづらさを感じている子どもに対する音楽療法でのアプローチ
19. テイラー・アリソン・スゥィフトの研究
20. ロバート・ペースのピアノメソッドについて-幼児期の教育効果の考察を含めて-
21. 指揮者と交響楽団の表現の違いについて-ベートーヴェンの交響曲第5番を取り上げて-
22. 日本におけるアイリッシュ・ミュージックの受容の現状
23. バレエと音楽の関わり-チャイコフスキーを中心に-
24. ホルンの研究-F管B管の切り替えを中心に-
25. 環境音楽の効果について
26. 「いきものがかり」について-地元(厚木・海老名)との繋がり-
27. 音楽が植物に与える影響-タンパク質と音楽の関連性-
28. 部活動としての吹奏楽とその教育的効果について
29. ベートーヴェン<ピアノ・ソナタ第24番嬰ヘ長調>作品78について-
30. 交響組曲「シェヘラザード」について
31. 音楽マネジメントとライブビジネス
32. 日本のロックフェスティバルについて
33. マイケル・ジャクソンが世界を魅了するのは何故か
34. オペラ「魔笛」におけるタミーノとパパゲーノの二面性
35. 「テレビ離れ」とJ-POPの人気度の変化

2015年度

1. 介護予防について音楽療法士ができること―介護予防事業アンケート調査の結果から―
2. ヴァイオリンとヴァイオリニストの関係
3. 吉松隆≪鳥リズム≫についての研究
4. シンガーソングライター・miwaの魅力
5. いきものがかりについて
6. 訪問音楽療法の意義―集団・個人で行われる音楽療法と比較して―
7. ラフマニノフ作曲≪ピアノ協奏曲第2番≫における独奏者への役割の一考察
8. バースタインについて―ウェストサイドストーリーより―
9. ハンガリーの音楽教育から見た日本の音楽教育の課題―「コダーイ・メソッド」を中心に―
10. チェンバロの奏法―ピアノとの比較―
11. モーツァルトの宗教音楽
12. アニメーションと音―それらの歴史的展開と新旧比較―
13. アンドレ・ウェニャン≪ラプソディー≫について
14. 幼児期健忘と音楽による想起
15. 低周波騒音の実態と健康被害
16. 西アジア音楽の魅力
17. オーケストラの配置について
18. ガムラン音楽の音楽科教材としての可能性について
19. 音楽による社会貢献・国際協力―南米ベネズエラのエル・システマを例にあげて―
20. 日常的音楽聴取の感情への影響について
21. 感動はどこからくるのか―音楽心理学からみた感動の仕組み―
22. ミュージカルの研究―その歴史と主要作品の比較考察―
23. 物語と音楽の関係性について―もののけ姫を題材に―
24. 日本の音楽産業の現状と未来―CDの在り方を中心に―
25. 中学校における音楽の授業について―「通級による指導」を受けている生徒を中心に―
26. 西アフリカの音楽について
27. 高齢者における音楽療法の定義について考える
28. 吃音症の方にとって「歌うこと」の意味―吃音サポート団体Aの参加者アンケートをもとに―
29. 特別支援学校・学級における音楽か授業への音楽療法の活用
30. ディズニー映画『美女と野獣』の魅力―原作、実写映画との比較―
31. 音楽を用いた回想法の有効性に関する調査研究
32. Sound Horizonについて―「宵闇の唄」、「磔刑の聖女」の分析結果から読み取った楽曲の特徴―

2014年度

1. 政治・歴史からみた国歌の在り方―日本と諸国の違いを中心に―
2. ホールの可変性と将来
3. 吹奏楽におけるユーフォニアムの楽器法について
4. 吹奏楽の歴史―編成の変遷を中心に―
5. 音楽と作業効率―計算シートとPOMSを用いて―
6. 「ジャニーズ事務所」について―所属タレントの魅力―
7. レッジョ・エミリアの芸術教育を活かす教育
8. 歩行中の音楽聴取効果―歩行撮影映像聴取時のNIRS測定―
9. 演奏者のためのメンタルトレーニング―トレーニング内容と現状、課題―
10. 箏とピアノ―共通点と相違点
11. 学校教育における合唱の役割
12. 幼児教育におけるリトミックの役割
13. 音楽聴取時の脳血流の変化について―NIRSを用いて活性曲と鎮静曲の違いを探る―
14. 手拍子を伴う音楽聴取による脳血流の変化―NIRSを用いた科学的検討―
15. フルートと尺八の比較研究
16. 入眠時の音楽聴取が睡眠に与える影響―スリープスキャンを用いて―
17. パーキンソン病患者に対する音楽療法―実戦の結果・考察からセッションプログラムを検討する―
18. オーケストレーションにおけるユニゾン効果のNIRS測定
19. ≪中国の不思議な役人≫について
20. 音楽療法における「なじみのない曲」を用いたセッションアプローチ―実習現場での3つの実践から―
21. チューバについて―歴史と構造、特徴ある楽曲について―
22. ムーサの息吹き―文学と音楽の対比から―
23. 吹奏楽指導に関する一考察―指導内容における問題点と改善策―
24. マウスピースから見たジャンル間のサクソフォンの音色の違いとその評価
25. レスピーギの交響詩≪ローマの噴水≫について
26. 近赤外分光法(NIRS)による単旋律の調性認知の研究
27. 日本のクラブについて

2013年度

1. 自閉症児に対する音楽療法の意義
2. ユーフォニアムにおける基礎練習のありかた
3. 子供の興味を引き出すピアノレッスンについて
4. 自閉症児の「内なる声」へ向けた音楽療法
5. ヒンデミット≪交響的変ロ調≫について
6. 木管五重奏について―ダンツィ≪木管五重奏曲op.67-2≫とホルンの役割―
7. ポピュラー・ミュージックとファッション―ストーリー系を中心に―
8. 音楽博物館の使命と課題―「博物館」とは何か―
9. チャイコフスキー作曲≪交響曲第4番≫の音楽的特徴について―第4楽章を中心に―
10. 幼児期に行うリトミックが与える影響
11. 音楽の反復聴取時のNIRS測定―音楽専攻と他専攻学生の比較―
12. 狂言と歌舞伎における『棒しばり』の比較研究
13. ゴスペルがコンテンポラリーアカペラに与えた影響
14. エル・システマが展開する社会的活動の実態
15. 音楽に合わせた照明表現
16. 食に関するロッシーニの作品について
17. 管楽器リペアの現状「今求められるリペアマン」
18. 中学校における邦楽について―現状と今後のあるべき姿―
19. ピアノ指導とリトミックの重要性について
20. ヒット曲の歌詞―特定年代ごとの歌詞の特徴―
21. 音楽と恋愛―西野カナを中心に―
22. 児童領域における音楽療法活動について―A養護学校での音楽療法実習から―
23. トロンボーンの演奏方法について
24. 童謡が幼児期にもたらす影響について
25. 飯田市鼎上山の獅子舞―その歴史とお囃子について―
26. ケルト音楽について―『借りぐらしのアリエッティ』を巡って―
27. 絶体音感の功罪―絶体音感保持者が古楽を始めた場合を中心として―
28. 脳機能に対する音楽アプローチの可能性―FMT、MIT、認知音楽療法を中心に―
29. 声楽におけるピッチの問題―いわゆる「音程」改善を目指して―
30. 障がい児に対する音楽教育
31. ベートーヴェン:≪交響曲第5番「運命」≫―冒頭の「運命の動機」を聞き比べて―
32.ボルトキエヴィッチの音楽について
33. ベートーヴェンのピアノ・ソナタの演奏表現について―チェルニーの練習曲からの考察を含めて―
34. コダーイ・メソッドについて―児童教育への導入―
35. 地域における生涯音楽活動の現状と課題―富士山河口湖音楽祭を例に―

2012年度

1. 16世紀、17世紀のイギリス社会とガンバ・コンソート音楽
2. オーケストラの運営について―海外と日本国内のオーケストラについての比較―
3. ショスタコーヴィチ 交響曲第7番「レニングラード」について
4. リハビリテーションとしての音楽療法―リハビリテーション効果を目的とした高齢者に対する音楽療法プログラムの考案―
5. ハンガリーの音楽教育―コダーイ・メソッド―
6. 『もののけ姫』はなぜ素晴らしいか―宮崎アニメ新タイプのヒーロー〈アシタカ〉の観点から―
7. ディズニーのプリンセス作品について
8. RADWIMPSについて
9. 幼児期のソルフェージュ教育のあり方
10. ベルリオーズ作曲「幻想交響曲」の研究
11. ポピュラー音楽の流行とその要因―ポケットビスケッツを例として―
12. パーキンソン病患者に対する脳機能回復促進音楽療法(FMT)の効果について
13. ポルノグラフィティの楽曲について
14. 音楽と絵画の関連性について―パウル・クレーを中心に―
15. 小児科病棟における音楽療法の意義について―チャイルド・ライフ・スペシャリストとの比較から―
16. 指揮者によって演奏はどう変わるのか
17. 黒人音楽とアメリカ社会における黒人の姿
18. 音楽制作(プロデュース)の過程について
19. 音楽がスポーツマンに与える影響―バスケットボール選手の場合―
20. 映画「サウンド・オブ・ミュージック」とトラップ一家
21. サブリミナル・インプレッションと歌の関係性について
―梶浦由記《Credens justitiam》を対象として―
22. 音楽療法実習がクライエントの心理状態に与える変化について
―セッション参加後の自己記入式アンケートの結果から―
23. 展覧会の絵について
24. 幼児への音楽的アプローチについて
25. クラリネット音の良し悪しの認知―光トポグラフィ(NIRS)を用いて―
26. 箏の音とその超音波成分の効果―NIRSによるピアノとの比較測定―
27. スイングの王様 ベニー・グッドマン―彼が生きたスウィング時代―
28. ストレス状態の緩和に音楽があたえる影響
29. 飲食店におけるBGMの影響
30. 声楽伴奏
31. 置賜三十三観音御詠歌と西国三十三観音御詠歌の比較
32.パーキンソン病患者を対象とした脳機能回復促進音楽療法(FMT)の効果について
-機能回復を目的として行われる音楽療法との出会い-
33. 課外活動としての吹奏楽とその指導における要点

2011年度

1. 音楽聴取によるストレス軽減の効果及び、その選曲における効果的方法
2. ムソルグスキー作曲 組曲《展覧会の絵》について-原曲とラヴェル編曲の比較研究
3. がん患者にたいする音楽療法-患者Nとの関わりを中心に-
4. オペラ『椿姫』について
5. 母親の歌いかけが乳児の授乳量に与える影響
6. スネアドラムの基本奏法と独奏曲
7. K-POPの特徴と魅力
8. 音楽が作業効率に与える影響-歌詞の有無の視点から-
9. サクソフォンの研究-その歴史、特色、奏法・アンサンブルについて-
10. 『ピアソラの音楽』-リベルタンゴを取り上げて-
11. アートブレイキー・アンド・ジャズ・メッセンジャーズの魅力とジャズ史における功績
12. 学生制作オペラについて-Music Art Projectオペラ制作を振り返る-
13. 恋愛と音楽の関係性について
14. 野球と音楽の関係性について
15. 音楽療法と音楽教育について-養護学校におけるセッションの事例から-
16. 失語症に対するMelodic Intonation Therapyの効果-ブローカ失語患者2名の事例から-
17. 精神科患者に対する音楽療法-アンケート調査に基づく-
18. ミュージカル「エリザベート」について
19. リズム活動時の大脳前頭葉賦活化の検討-自発的リズムと模倣的リズムの違いから-
20. 精神内科系疾患患者と家族のための音楽療法
21. 劇団四季-光と影-
22. 中学校における音楽教育について
23. マリンバについてBGMとの関連性について
24. バスティン・メソードに関する一考察
25. コーヒーと音楽の関連性
26. 共感覚とは何か
27. 六段の調べとグレゴリオ聖歌クレドの関係について
28. Mr. Childrenについて
29. ラヴェル作曲『クープランの墓』について
30. 幼児の音楽教育について
31. Bachのオルガン・コラールにおける言語性について
32. コードネームを用いた、カプースチンの作品分析
33. なぜ福島県は合唱が強いのか-高校生の合唱部を中心に-
34. “ロマン的”作曲家ソラブジ
35. アレクサンドル・グラズノフ作曲 サクソフォーン協奏曲変ホ長調について

2010年度

1. リハビリテーションにおける音楽療法の効果-脳梗塞患者、Aさんに対する音楽療
   法的リハビリテーションの試み-
2. ムソルグスキー《展覧会の絵》について-ピアノ原曲とラヴェル編曲の比較・分
   析-
3.  《Così fan tutte》-クラシック演出とモダン演出の比較-
4. 野口雨情の童謡教育における考え方とその作風
5. 童謡『里の秋』について
6. スポーツ選手と音楽の関わり
7. エモ・スクリーモ系バンド The Usedについて
8. モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調K.622について
9. 《LA Traviata》について
10. ハンガリーの農民音楽-古いスタイルの曲について
11. ショパンの《バラード第4番》について
12. 雅楽《平調越天楽》と2つの《越天楽変奏曲》の楽曲分析
13. 日本の戦中・戦後における、子どもたちと音楽との関係-アンケート調査に基づ
    く-
14. 光トポグラフィ(NIRS)によるピアノのアコースティック音とデジタル音の聴取
    時の比較
15. リムスキー=コルサコフ作曲《交響組曲シェエラザード》について
16. 障がい児に対する小集団音楽療法の可能性を保護者と共に考える
17. サクソフォーンの研究-その歴史、特色、楽器奏法について-
18. アラン・メンケンの生涯と彼の音楽
19. マレとフォルクレ-彼らの音楽とその時代-
20. アーティスト「マイケル・ジャクソン」のパフォーマンス-ダンスを中心
に-
21. トロンボーンについて
22. 身体運動時の音楽の効果-光トポグラフィ(NIRS)を用いた大脳賦活測定と動作解
析を通して
23.  音楽専攻学生のメンタルトレーニングに関するアンケートと心理的競技能力診断
検査(DIPCA.3)による調査-応用スポーツ心理学の演奏家への応用を目指して-
24. 音楽が酵母菌に与える遺伝子レベルでの影響
25. ドイツ製とアメリカ製のホルンの違いについて
26. 作業効率へのBGMの影響-歌詞の有無と被験者の音楽経験による違い-
27. オペラ《カルメン》について-作品の中のホセの性格や心情の変化について-
28. ハープの音響学的特徴
29. 好みの音楽が健常者の主観と大脳前頭葉に与える影響-うつ病患者との比較を目
指して-
30. 入院患者に対する個別音楽療法の試み-音楽療法による情動変化の研究-
31. 中学校音楽科における和楽器教育について
32. 《フィガロの結婚》について
33. 音楽聴取時の大脳前頭葉賦活に対する好みの影響-光トポグラフィ(NIRS)を用い
て-

2009年度

1.  縄文時代-日本音楽文化への一考察-
2.  トランペットの歴史-構造と楽器法の変化-
3.  沖縄の芸能:エイサーについて
4.  「かごめかごめ」の歌詞とその背景
5.  5〜12世紀の日本における大陸音楽の輸入とその日本化
6.  ケルティック・ウーマンの魅力に関する一考察
7.  音楽世界におけるジェンダー問題
8.  ホルンの歴史-演奏法を中心にして-
9.  ショパン《バラード第2番》について
10.  失語症患者に対する音楽療法の効果
11.  老夫婦間のより緊密な関係の再構築に貢献した孫による音楽療法
12.  被虐待児に対する音楽療法-3点の先行事例をもとに-
13.  免疫グロブリンA指標を用いたモーツァルト効果の検証-高周波成分の観点から
14.  キャスターの向きによるピアノの音響変化
15.  クラシックバレエのリズム感と表現力
16.  カール・マリア・フォン・ウェーバーの生涯とその音楽
17.  ベル・カントの発声法
18.  音楽聴取による入眠効果の検討-脳波の視点から入眠時を判定する-
19.  クラシックピアノ曲のジャズアレンジについて
20.  ダウン症のTさんに対する音楽療法-表現力向上へのアプローチ-
21.  トロンボーンの歴史について-構造と楽器法の変化を含めて-
22.  超音波成分の聴取効果の光トポグラフィ(NIRS)測定-声楽と箏特殊奏法の場合
23.  ジャズと音楽教育-ジャズを取り入れた学習指導案を通して-
24.  ゴスペルの魅力-参与観察による考察-
25.  日本の教育と音楽-ハンガリーの音楽教育からの考察-
26.  喘息患者のための音楽療法-成人喘息患者に対する、呼吸体操及び歌唱、
    フルート活動による呼吸量の比較-
27.  ヒンドゥー教の音楽-ベナレスに響く讃歌-
28.  藤沢駅構内の音環境とその問題点
29.  気分障害患者に対する音楽療法の効果に関する研究
30.  モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467について
31.  フランツ・リスト《バラード第2番 ロ短調について》

2008年度

  1. スタジオ・ジブリにおける宮崎駿のアニメーション映画 -そのコンセプトと表現-
  2. シューマン《詩人の恋 Dichterliebe Op.48》 -音楽と詩についての一考察-
  3. 伝統的邦楽のゆらぎ解析 -相関時間を中心に-
  4. 幼児教育と音楽
  5. アルテスのフルート教本の特徴 -第1巻の分析と考察-
  6. 単純作業(クレペリン)に及ぼすBGMの影響
  7. 音楽聴取による気分変化のPOMS測定 -ジャンルと楽曲の好き嫌いを中心―
  8. フルートの歴史における構造変化
  9. ヤマハとスタインウェイの違いについて
  10. 組曲《展覧会の絵》について
  11. 音楽が植物に及ぼす遺伝子レベルでの影響 -クラシック音楽の場合-
  12. 新生児に対するホワイトノイズの効果に関する一考察
  13. ベートーヴェンのピアノ・ソナタにおけるペダリングについて
  14. ディズニー音楽の魅力 -アラン・メンケンの音楽を通してー
  15. インターネットブラウジングにおける強制的音楽聴取の機会の在り方
  16. 沖縄音楽についての考察 -現代の沖縄音楽を中心に-
  17. 新生児は胎内で聴いた音楽を覚えているか -哺乳量にみる新生児の反応-
  18. BGMの音量を変化させて計算作業の効率を調査する
  19. ミヒャエル・プレトリウスと舞曲集《テルブシコーレ》について
  20. 入院患者に対する音楽療法 -音楽による情動の変化の研究-
  21. 箏曲における古典と現代 -表現上の違いについて-
  22. ピアノの音色はタッチで変わるか -ショパン《ピアノ・ソナタ 第3番ロ短調 作品58》終楽章を取り上げて-
  23. 特定の恐怖症に対して音楽を用いてアプローチする
  24. ピアノのセッティングによる音の変化 -キャスターの向きを中心に-
  25. マザーグース音楽について
  26. 気分変調症を有する人の音楽聴取による情動の変化 -POMSによる考察-
  27. 音楽のウォーキングへの影響 -MCL-3による感情の測定-
  28. ポピュラー音楽マーケットの推移-IT時代の音楽マーケットを探る
  29. 17世紀フランスにおけるバロックダンスの種類と特徴 -実践的な視点を踏まえて-

2007年度

  1. 計算作業に及ぼすBGMの影響
  2. 日本における吹奏楽
  3. パイプ・オルガン曲から得られる時系列データのカオス解析
  4. アレクサンダー・テクニークの演奏への効用
  5. 箏の音響解析
  6. パーキンソン病患者に対する音楽療法 -基礎的な研究Ⅰ-
  7. チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」について
  8. 双子とその母親に音楽が与える影響 -NST・出産・授乳時の検討-
  9. 1/fパワースペクトル型音高周波数変動する非音楽的音列聴取の効果Ⅲ -光トポグラフィによる脳賦活化の測定-
  10. 平安文学における貴族の音楽生活 -季節と時間を例として-
  11. 声楽的発声における日本語母音のフォルマント変動 -実際の歌詞に即して発声した場合-
  12. ヴァイオリン演奏におけるボウイング動作の運動解析
  13. オーケストラ奏者の楽器別性格傾向
  14. 平尾貴四男の作曲活動とピアノ・ソナタについて
  15. JAZZの歴史 -ルイ・アームストロングに焦点をあてて-
  16. 1/fパワースペクトル型音高周波数変動する非音楽的音列聴取の効果Ⅱ -Bachによる音楽的音列との比較-
  17. ドビュッシーの《喜びの島》について
  18. 音楽聴取による情動変化のPOMS測定 -音楽専攻の有無による違いを比較-
  19. 若者とポピュラー音楽
  20. 高齢者デイケアでの音楽療法 -歌唱活動に積極的に参加してもらうための工夫について-
  21. スポーツ選手のモチベーションアップに音楽は役立つか
  22. 手拍子に見られるテンポの変動 -個人と集団との場合-
  23. 院内コンサートにおける患者の気分変化
  24. 音楽科教育におけるリズム指導の有効性について -高等学校における実施例をもとに-
  25. 絶対音感 絶対音感保持者とアンケートをもとに
  26. 失語症による音楽療法の効果

2006年度

  1. 音楽の植物に対する効果の遺伝子発現解析
  2. 音楽の学生における血液型と性格の傾向
  3. グループホームにおける音楽療法 -新設された施設での定着を目指して-
  4. ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の背景についての考察 -心理療法との関連を中心に-
  5. 学校教育における移動ド唱による歌唱指導について
  6. 「ナチスによるユダヤ人迫害」における映画表現の考察 -「シンドラーのリスト」と「戦場のピアニスト」の比較-
  7. ドゥビュッシーのピアノ曲のゆらぎ解析 -ラヴェルとの比較と時代区分-
  8. 絵本と音楽
  9. 「コト(琴)」と地名に関する一考察
  10. ウォーミングアップ時の音楽聴取がスポーツ選手に与える心理的影響について -「試合前の心理状態尺度(DIPS‐B.1)」による評価-
  11. ダンス音楽がファッションスタイルに与える影響 -ヒップホップとレゲエを対象として-
  12. 古代ギリシアの音楽観 -宇宙と人間と音楽を巡って-
  13. 自閉症児に対する音楽療法 -A君への3年間のアプローチとCARSによる評価方法-
  14. 音律と暦
  15. 自閉症児に対する音楽療法について-サポートブックをもとにしたアプローチ法の工夫-
  16. クラウス・ルンツェ「ふたつの手・12のキー」について
  17. 八重山芸能アンガマーについて -大浜集落の場合を事例として-
  18. 作業効率におけるBGMの影響-大脳の視点から-
  19. 1/fパワースペクトル型で音高周波数変動する非音楽的人工音列聴取の効果
  20. 歌劇《トゥーランドット》について -アリア「氷のような姫君の心も」を中心に-
  21. 個人的音楽療法の試み -セラピストの質を高めるには-
  22. 歌劇《蝶々婦人》 -西洋と東洋の融合について-
  23. 大人のためのピアノ教室についての現状研究
  24. 「宮崎アニメ」の音楽について-新旧比較考察-
  25. 末期がん患者を対象とした個人音楽療法の研究 -村田理論により、スピリチュアルペインを分析する-