トップ > 大学院:大学院概要

大学院概要

教育目標と特徴

 芸術学研究科音響芸術専攻では、音楽および関連領域の学問的研究と実践的研究を行い、深い専門性を持ちつつも芸術活動を人間生活全体の大きな枠の中で捉えられるような研究者、教育者、演奏家を育成することを目指しています。
 カリキュラムは、「音楽研究」「音楽研究演習」を主軸に、自由に履修できる音楽学分野、応用音楽学分野、演奏・創作研究分野の専門科目を多数設置しています。
 また、学会での研究発表、音楽コンクールへの参加、演奏会への出演等、研究の成果は可能な限り学外での発表を奨励し、演奏分野の修了者は学外で修了リサイタルを行います。

授業科目

必修・選択科目を通じて30単位以上(必修:14単位、選択16単位)を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、「修士論文」またはこれに代わる「特定の課題についての研究成果」の審査と最終試験に合格すること。

(修了要件)
<音楽学を選択する学生>
音楽学を選択する学生は、音楽研究1〜4、音楽研究演習1〜4及び芸術学総合研究を必修とする。

<演奏研究を選択する学生>
演奏研究を選択する学生は、演奏研究1〜4、音楽研究演習1〜4及び芸術学総合研究を必修とする。

授 業 科 目

(1週当たりのコマ数)
春学期 秋学期
音楽研究1 2 1 1
音楽研究2 2 1 1
音楽研究3 2 1 1
音楽研究4 2 1 1
音楽研究演習1 1 1 1
音楽研究演習2 1 1 1
音楽研究演習3 1 1 1
音楽研究演習4 1 1 1
芸術学総合研究 2 1  
西洋音楽史特講 2 1  
音楽資料論特講 2   1
日本音楽史特講 2 1  
日本芸能論特講 2   1
実験美学特講 2 1  
音楽美学特講 2   1
世界音楽論特講 2 1  
舞踊学特講 2   1
音楽療法理論特講 2 1  
音楽療法治療構造論特講 2   1
劇場学特講 2 1  
詩と音楽の理論特講 2   1
演奏表現法特講 2 1  
楽曲分析特講 2   1
古楽研究特講 2 1  
演奏法1 1 1 1
演奏法2 1 1 1
演奏法3 1 1 1
演奏法4 1 1 1