トップ > プラスα > プロフィール(山脇一宏)

プロフィール(山脇一宏)

・国立音楽大学器楽科ピアノ専攻を経て国立音楽大学大学院音楽研究学科器楽専攻ピアノを修了。
・現在までに10回の自主リサイタルを開き、ムジカノーヴァ等の雑誌においても好評を博す。
・2006年7月には、イギリス・ハドレイでの音楽祭である28th International East Anglin Summer Music Festival(UK)にて招待演奏を行う。
・1999年に教育芸術社から出版された「音楽の花束」、2000年にはピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のコンクール課題曲CDにおいて演奏。
・ピアノソロ以外のアンサンブルにも活動の場をひろげ、2008-2009シーズンは、バイオリンの宮内道子氏と共にベートーベンバイオリンとピアノのソナタ全曲演奏会を開催している。
・坂本 良隆、ドルゲ・アーント、渡部 麗子、ウラジーミル竹の内各氏に師事。
・2006年3月に工学院大学工学研究科情報学専攻後期博士課程(社会人特別枠)を修了し、博士(情報学)の学位も取得。演奏ばかりではなく、音楽をどのように人が感じるか?というテーマについての研究も続けている。


【共著論文・査読付論文】
日本感性工学会発行「感性工学」
論文名 コレスポンデンス分析による音楽の特徴認識
雑誌名 日本感性工学会発行「感性工学」Vol7.No.4 通号20号
著者名 山脇一宏、椎塚久雄

【共著論文・査読付論文】
日本感性工学会研究論文集-「あいまいと感性」特集号 
論文名 ラフ集合による音楽の特徴認識/Recognition of music characteristic with rough sets
雑誌名 日本感性工学会研究論文集-「あいまいと感性」特集号
著者名 山脇一宏、椎塚久雄

【海外雑誌・査読付き論文】
Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers
海外雑誌名(略称)JSCE
掲載号 Part I, Journal of Systems and Control Engineering
論文名 Synesthesia and Common Recognition Concerning Music and Color
著者名 Kazuhiro Yamawaki and Hisao Shiizuka