トップ > プラスα > プロフィール(二宮)

プロフィール(二宮)

現在の専門分野 作曲、音楽理論、ソルフェージュ

現在の研究課題 音楽作品創作、楽曲分析研究、演奏表現解釈研究

研究内容
現代における音楽芸術創造を実践します。その一方で、それらの背景としての古典音楽芸術を顧み、音・音響と音楽的時間の構造、つまり和声学・対位法、および楽式論など作曲理論を中心に、その基盤となる諸問題の解明します。そしてそれらに基づく楽曲分析を行い、その演奏表現に結び付け裏付ける問題としての探求を行います。そうした自己の作曲活動と伝統の考察を行うために、今日における音楽文化全般にも及ぶ諸問題をさまざまな角度から見つめ、音楽専門教育の実践的考察を含めた総合的な究明を行っていくことも重要な課題です。

所属学会 日本現代音楽協会、演奏表現学会理事、ソルフェージュ研究協議会

入学をお考えの皆様へメッセージ 音楽の本質的理解への問題意識を望みます。

主な論文・著書 「管弦楽のためのトリアス」
「無伴奏オーボエの為のティラード」
「ソナチネ(ピアノ独奏)」
「過ぎ去る喧噪(ピアノ独奏)」
「反逆の変奏〜四手連弾のために〜」